日経平均高配当株50指数
38,736.14
+21.24 (+0.05%) 
2018.04.20(終値)
日経平均高配当株50指数
関連ニュース
2018.02.05
2017.07.03
2017.06.15
関連データ
概要
 「日経平均高配当株50指数」は日経平均構成銘柄のうち配当利回りの高い50銘柄から構成される配当利回りウエート方式の株価指数です。配当利回りに流動性(売買代金)を加味して構成銘柄の指数算出上のウエートを決定するという、従来までの価格平均や時価総額加重平均とは異なる算出方法を採用しており、いわゆるスマートベータ型のインデックスとみることができます。2017年1月10日から算出を開始しました。
銘柄
 日経平均株価の構成銘柄の中から50銘柄を選定します。
銘柄入れ替え
 毎年1回、「定期見直し」で6月末(最終証券営業日)に構成銘柄を入れ替えます。日経の予想配当を使って、基準日である5月末(同上)の予想配当利回りの高い銘柄を定期見直しルールに基づいて選定します。日経平均から除外される銘柄や、予想配当が無配となった銘柄は臨時に除外しますが、原則として構成銘柄が45銘柄未満となるまではその都度補充はせず、次の定期見直しで50銘柄に戻します。
算出方法
 指数は構成銘柄の株価にウエート・ファクターをかけた値を合算し、この合計金額を、「除数」で割って算出します。除数は時価総額加重方式の指数における基準時価総額に準じたものです。ウエート・ファクターは基準日の予想配当利回りと直近1年間の1日当たり平均売買代金から割り当てられた流動性係数、同日の株価で決定します。各構成銘柄のウエート・ファクターは次の定期見直しまでの間、原則として期中には変わりませんが、株式分割や併合がある場合にはその比率によって調整します。予想配当利回りや銘柄別の指数におけるウエートの値には上限を設けています。
起点など
 算出開始は2017年1月10日。2001年12月28日の値を10000として過去分を遡及計算しています。1日1回終値ベースで算出・公表します。
関連指数
  • NIKKEI
  • Nikkei Inc. No reproduction without permission.